ダイエットの停滞期の脱出方法を解説

あなたの中にもいる “ デブ菌 ”

太っている人、痩せられない人はデブ菌でいっぱ〜い! スーパー痩せ菌でデブ菌を撃退! あなたもこれで自然と痩せやすいスリム体質に! ⇒ 詳しくはこちらから

プレミアム酵母 プレミアム酵母

ダイエットの停滞期について

多くの人が、ダイエットをしていた時に、停滞期を経験したことがあるのではないでしょうか。いくら頑張ってダイエットをしていても、体重がほとんど減らない停滞期は、本当につらい時期です。様々なダイエットにトライしているけれども、いつも挫折してしまう人は、停滞期が鍵を握っているようです。多くの人が、ダイエットを中断した時とは、停滞期のさなかだったと思っているようです。ダイエット開始直後は、しっかり体重を落とせていたとしても、停滞期になると体重は減らなくなります。体重を減らすことができず、逆に増えたり、少ししか減らなかったりしていると、意欲が低下していきます。停滞期になったことで、空腹をこらえて頑張っているのに全然報われないという気持ちになり、ストレス解消に食べ過ぎに走る人もいるようです。停滞期は体重が5%程度減少する時期に始まることが多いので、開始から1ヵ月後位になる人が多いようです。人間の体は、体重が急に5%少なくなると、体にとってよくないことが起こっているのかは思って、代謝を減らしエネルギー消費量を抑えます。人の体は、エネルギーを使いたくないという状況では、基礎代謝を下げることで一日に必要なエネルギーをカットしようとします。停滞期の間にダイエットを終わらせることは体によくありませんので、停滞期ちゅうの1週間から1カ月はダイエットを続けましょう。停滞期さえ終われば、また体重は減っていきますので、停滞期中に挫折することなく、継続することがダイエットを達成するためには欠かせません。

ダイエット成功には停滞期を乗り越えることが必要

ダイエットをしていると誰もが停滞期に入り、なかなか体重が減らなくなってしまいます。停滞期を乗り越えなければ、ダイエットの成功を手に入れることは出来ません。停滞期中のダイエットがあまりにきつくて、ダイエットをやめてしまう人もいます。ダイエットを達成するためには、停滞期をクリアすることが絶対に必要になってきます。ダイエットにいいことをしていると、少しずつ体重は少なくなりますが、停滞期になると条件が変化します。これまでと食事の摂取量が大幅に変わって、供給されるカロリーの量が減ると、体は環境の変化に合わせるために、代謝を下げようとします。停滞期の現象は、人間に備えられた防御システムのようなものですから、これを避けることは出来ません。ダイエット中に現れる停滞期は、そのメカニズムをよく理解して、上手に乗り越えなければなりません。停滞期をくぐり抜けるためには、長期的なものの見方をすることで、体重がどう変わっていくかを知ることです。停滞期がしばらく続くように感じても、必ず終わりがあります。ダイエットをやり遂げるためには、停滞期になっても、それ以外の時期でも、痩身のための取り組みをすることです。一時的な停滞期があったとしても、ダイエットを続けていれば、体重を減らすことができます。

ダイエット中の停滞期の脱出方法について

ダイエットをしている時に停滞期に入ってしまった場合、どうやって乗り越えるかはダイエットの成否を左右します。わずらわしい停滞期をいかに過ごすかは、ダイエット成功の大きなターニングポイントとなります。空腹をこらえ、苦手な運動を続けていても、停滞期になると結果が出なくなりますので、くじけそうになります。ダイエットを成功させるためには、停滞期があるということを想定した上で痩身を続けることです。あらかじめ停滞期が来ることを知っていれば、体重が減らなくなっても動じることはありません。ダイエットを成功させるために大事なことは、適度な運動と、カロリーコントロールです。基礎代謝に合わせて自分が必要としているカロリー量を知り、多すぎず、少なすぎずの食事を摂りましょう。栄養バランスの良い食事に加えて、適度に運動をすることによって、体に筋肉がつきます。体の筋肉量が増えれば、その分新陳代謝もよくなりますので、体内のカロリーが消費されやすくなり、ダイエットに有効です。ダイエットの基本は、運動と、食事内容の見直しですが、スタンダードな方法でダイエットをしていても、始めは体重が減り続けますが、停滞期になると体重の減少はストップします。ダイエットをしばらく続けていれば、停滞期になることは当たり前のことですので、気にしすぎずに今までどおりにダイエットをしましょう。ダイエット中の停滞期は、しばらく続いた後、終了してまた元の状態に戻ります。停滞期が終わればまた体重は減りますので、気にすることはありません。

スポンサーリンク